業務請負業の健全な発展を目指す中部アウトソーシング協同組合です。

お問い合わせは TEL:052-959-3580 FAX:052-959-3581

  • トップページ
  • 組合理念
  • 組合案内・マップ
  • 組合員名簿
  • 研修プログラムについて
  • お問い合わせ

組合理念

業務請負業の健全な発展を図り、地域社会に貢献します。

わたしたち組合員は、コンプライアンス意識を高め、各種共同事業の推進とともに、経営環境の改善及び良好な雇用環境の確立を目指して、地域社会に貢献することを基本理念とするものです。

理事長 後藤 日出美

理事長
後藤 日出美

総合人材サービスの拡充をめざして

 今後の労働市場は、『無期労働契約(期間の定めのない労働契約)』や『改正労働者派遣法』などの労働法制も大きく変わります。そして、2018年6月29日「働き方改革関連法」は成立し、順次施行されます。この関連法の柱の一つは時間外労働上限規制等の"長時間労働の是正"、もう一つの柱である雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保による"同一労働同一賃金の実現"が取り上げられ、いずれも近年にない重要法案であり、企業の人事・労務管理の対応が急務となっています。
 また、少子高齢化の進展に伴い、労働力人口が大きく減少することを考え、2011年に定款変更を行い、外国人技能実習生共同受入事業をスタートし、実績と信頼のある各国の送出し機関より優秀な実習生を受入れる体制を整え、今後も外国人技能実習生共同受入事業を推進して参ります。
 最後に、未曾有の人手不足が続くもとで採用した労働者のキャリアアップを後押しし、キャリア形成の一つとして、請負化に対応できる現場リーダーの育成が重要な課題となっています。請負のみならず製造派遣においても、一定の知識・能力を備えたリーダーが求められており、人材育成は企業の競争力を高めるために必要不可欠なものと認識し、業界団体が対処しなければならない重要な課題のひとつです。

 「中部アウトソーシング協同組合」は、ホワイトカラー部門の各種エンジニアやサービス系をはじめ、あらゆる製造業の分野で活躍を続けている中部のアウトソーサーが、これまで培った様々なノウハウを駆使して業務の高度化、合理化を強力にサポートし、クライアントのご要望に素早く応えられる企業集団を目指しています。

組合の歩み

平成4年7月 「愛知生産請負協同組合」を設立

業務請負業は、近年の雇用構造の変化に伴い、急速に発展してきました。我々は、この業界で働く者の技術・技能の向上と福祉の充実を図るとともに地域社会の振興に一翼を担うことが、いっそう業界の伸長と社会的地位の向上の推進となることを真摯に受け止め、業界が健全な発展をしていくためには、組合の組織力を活用した共同事業の展開が時宜を得たものと考え、平成4年7月に愛知県知事の認可により「愛知生産請負協同組合」を設立しました。

平成9年 一層の発展を期して、名称変更

設立から5年間、全国唯一の協同組合として、数々の事業を推進して参りましたが、より一層の発展を期して、平成9年7月1日を以て、名称を「中部生産請負協同組合」と改め、所管も愛知県から中部経済産業局に移管されることとなりました。

平成16年 法改正を機に名称変更

平成16年3月、改正派遣法の施行により生産工程に派遣が認められることとなり、今後は、請負と派遣の効果的な活用を考える総合的なアウトソーサーとしての役割が求められるようになりました。この新時代の幕開けを機に「中部アウトソーシング協同組合」と名称を改め、業界の更なる発展に向け取り組んで参ります。

中部アウトソーシング協同組合のホームページをご覧いただきありがとうございます。私たちは業務請負業及び派遣業の健全な発展を目指しています。お問い合わせはお電話(052-959-3580)か当ホームページのメールフォームでお願いします。